しおみ歯科クリニック:大阪府枚方市 樟葉駅(くずは駅)よりくずはアベニュー直進、楠葉(くずは)美咲の歯科医院、一般歯科/歯周病歯科/インプラント/審美歯科/小児歯科

しおみ歯科クリニック

お気軽にお問い合わせください。ご予約もこちらから TEL:072-856-2525

しおみ歯科BlogShiomi Dental Blog

2016.11.29

近畿北陸地区歯科医学大会

枚方市楠葉美咲 しおみ歯科クリニック 歯科医師の成田です。
急に寒くなってきましたね。インフルエンザも流行してきているようで皆様体調を崩されてませんか?幸い私は今のところ大きく体調を崩すことなくきておりますがこれからまた一段と冷えてくると思うので油断は禁物です。
さて、少し前のことですが、院長と一緒に近畿北陸地区歯科医学大会に参加してきました。目当てはイエテボリ大学歯学部歯周病科教授のトード・ベルグルンド先生のインプラント周囲炎についての講演です。ベルグルンド先生は世界的に著名な先生で今世間でも騒がれているインプラント周囲炎に関する多数の論文・著作物を出版されています。かねてから定期的に参加させていただいているブレイクスルー大阪という勉強会にてインプラント周囲炎についての知見を学ぶ中でよく目にする論文についても考察されており、自分にとっても馴染みのある内容で入ってきやすかったですし、もちろん新たに学ぶことも多く非常に勉強になりました!
以前ブログでもあげさせてもらった最新のインプラント周囲炎の罹患率45%(術後9年)を示した論文(J.Derksら 2016)のついても言及していました。インプラント周囲炎(インプラント周囲骨が0.5mm以上吸収したもの)の罹患率が患者レベルで45%という数字は多いように感じますが、アメリカで行われた調査で30歳以上の人口で全体の47%が歯周炎に罹患しているという結果を引き合いに出し、歯周病とインプラント周囲炎は歯周病菌という同じ原因を持ち、インプラント周囲炎の方が進行速度が速かったり、治療が難しいと言われてるため、インプラント周囲炎の罹患率の高さは理にかなっているということでした。確かにその通りですね。
やはり歯周病もインプラント周囲炎もまずはかからないことが重要です。インプラントも適切なメインテナンスを行わなければインプラント周囲炎に罹患してしまうこと、その予防の大切さをこれからも患者様にもお伝えしていけたらと思います。

一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ