電話番号 072-856-2525
ネット予約
診療案内

口腔外科

口腔外科で行う治療は幅広く、親知らずの抜歯や、お口や歯の外傷に対する処置、口内炎やお口の中のできもの、顎関節症に対する治療などを扱います。

親知らずの抜歯

親知らずのトラブル、こんな方はご相談ください

セラミック

親知らずというのは、18歳前後くらいから生えてくる奥歯で、前から数えると8番目にある歯です。親知らずは、他の歯とは違ってまっすぐ生えないことも多く、また良く磨けないことから、痛みや腫れなどのトラブルを起こすことが珍しくありません。

このようなトラブルが出ている方は 強い痛みが出る前にご相談ください
  1. 「痛みがある」
  2. 「歯茎がしょっちゅう腫れる」
  3. 「親知らずが当たって粘膜が傷ついて痛い」
  4. 「前歯の歯並びが重なってきた」

親知らずでも抜かなくて良い場合もあります

親知らずは抜かなくてはならないもの」、と思われていることがありますが、必ずしもそういうことはありません。
まず、もともと産まれながら親知らずが備わっていない人もいますし、骨に埋もれたまま、骨と一体化して一生出てこないこともあります。

また、他の歯のようにまっすぐきれいに生えて問題を起こさないケースもたくさんあります。このような場合にはもちろん抜く必要はありません。

親知らず抜歯をおすすめするケース
  1. 虫歯で大きな穴が空いている
  2. 何度も腫れを繰り返している
  3. 横に倒れている、斜めに傾いているなどできちんと生える見込みがない
  4. 歯並びを乱す原因になっている
  5. 顎関節症の原因になっている
  6. 歯茎や粘膜を傷つけている
  7. 骨の中で嚢胞を作っている

親知らずの抜歯は、生え方などの条件により、、保険でCT撮影を行うことができます。CT画像を撮ることで、親知らずの位置や形、埋まり方が立体的に見えるため、より安全にリスクを避けて抜歯を行うことができます。

お口・歯の外傷に対する治療

迅速な対処が肝心です

お口・歯の外傷に対する治療

「転んで歯をぶつけた」、「歯が折れた」、「衝撃で歯が抜けた」、「唇や粘膜が傷ついた」、というような場合、出来るだけ早めの対処が肝心です。
特に歯の外傷の場合、手足の怪我のように様子を見て治るものではありません。放置する時間が長いほど、助かる歯も助からなくなる可能性がありますので、早めにご連絡をください。
歯を強くぶつけた場合、次の点に注意しましょう
  1. 見た目に変化がなくても念の為、受診してください。
  2. 歯の破片があれば、できれば持ってきてください。
  3. 破片を自分で接着剤でくっつけることは避けてください。
  4. 衝撃により歯が丸ごと抜けてしまった場合、決して歯根部に触れず、流水でサッと汚れを落とし、乾かないよう、生理食塩水か牛乳に浸した状態で持ってきてください。

口内炎・粘膜のできものに対する治療

長引く口内炎、できものには注意しましょう

お口・歯の外傷に対する治療

口内炎の原因は様々で、栄養不足やストレス、免疫力低下、尖った歯などによる物理的な刺激、お口の不衛生、カビやウイルスなどが関係していると言われています。
口内炎は、通常、長くても2週間くらいで治ってしまうことがほとんどです。もしそれ以上たっても口内炎が全く軽快しない場合、口腔ガンなどの重大な病気が隠れている可能性もありますので、念のために一度歯科を受診することが大切です。

口内炎の治療

通常の口内炎の場合、放っておいても自然に治ることがほとんどです。ですが、お口の中を積極的にきれいに保つことで、治りを早くする効果が期待できます。もし痛みが辛い場合には、歯科で軟膏を処方してもらうか、レーザー照射をすることで症状を和らげることができます。

顎関節症(がくかんせつしょう)の治療

2人に1人が一生のうちに経験すると言われています

顎関節症の悩み

顎関節症というのは、顎の関節や、その周囲の筋肉に起こるトラブルで、主な症状は「あごの痛み」、「あごの雑音」、「口が開きづらい」、といったものです。
一生のうち、2人に1人が顎関節症を起こすと言われているほどありふれたものですが、自然に治ることも珍しくありません。
でも症状が一向に改善しない場合や、悪化傾向にある場合には、早めの対処が必要なこともあります。まずは一度ご相談ください。

顎関節症の原因

顎関節症の原因
現在、顎関節症の原因として考えられているものとして、最も有力なのはストレスです。そのほかに、歯ぎしりや食いしばり(これもストレスが原因のことが多くあります)、悪い歯並びやかみ合わせ、外傷などが主な原因と考えられています。

顎関節症の治療法

1.スプリント治療
歯科で最も良く行われている顎関節症に対する治療は、スプリント治療という、マウスピースを装着するものです。睡眠中にスプリントと呼ばれるマウスピースを装着することで、歯ぎしりによる顎への負担が軽減され、顎関節症状を軽くすることができます。
2.かみ合わせ調整
顎関節症の原因がかみ合わせから来ているのが濃厚な場合、かみ合わせの調整を行うこともあります。
3.薬物療法
顎関節症による痛みが強い場合、鎮痛剤などを投与することもあります。また、筋肉の緊張を和らげる薬が出されることもあります。
4.日常生活での注意点・アドバイス
「頬杖をつかない」、「歯を食いしばらない」、「あくびをする際に大きく口を開けない」、など、顎関節症を悪化させないための、日常生活における注意点の説明やアドバイスを行います。

^

新着情報
新着情報
新着情報