電話番号 072-856-2525
ネット予約
診療案内

歯周病治療

歯周病治療はどこの歯科医院でも受けられます。ですが、当院では日本歯周病学会専門医、つまり歯周病の専門家が歯周病治療にあたりますので、より的確な診断、患者様一人一人にあった治療が受けられます。
当院ではさらに、歯周病を発症させない、そして再発させないための予防治療にも力を入れています。

歯周病とは

パウダールーム

歯周病は、かつて「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていた病気です。歯周病は単に歯茎の病気だと思われがちですが、実は歯の周囲の骨まで破壊してしまう病気です。
「歯茎から血が出る」「歯茎が時々腫れる」というような症状を感じることはありませんか?そのような症状を感じている人は、もしかしたら歯周病が進行しているかもしれません。

日本人の成人の80%以上がかかっていると言われていて、歯を失う原因の第一位である歯周病。歯周病はさらに、歯を失うだけでなく、体の色々な病気を起こすことが次々とわかってきています。
歯周病をしっかりと予防、治療することでお口の健康だけでなく、体の健康まで改善していくことができるのです。

歯周病の恐ろしさ

ひどくなるまで気づきにくい

歯周病は自覚症状に乏しく、ご自分で気がつきにくいのも恐ろしいところです。日本では、歯に痛みなどのトラブルを感じてから歯医者へ行く人が多いですが、歯周病の場合にはそれでは手遅れになってしまうことが少なくありません。

歯を失うだけでなく体の健康まで害する

歯を失うだけでも十分に恐ろしい歯周病ですが、歯周病の本当に恐ろしいところは、体の全身の病気を引き起こすところだと言ってもいいかもしれません。

歯周病との関連が指摘されている病気
現在歯周病との関連が指摘されているものとして、心臓疾患、脳梗塞、糖尿病、誤嚥性肺炎、低体重児出産・早産、アルツハイマー認知症、リウマチなどが挙げられますが、今後も増えていく可能性があります。

歯周病の症状

歯周病は早めの対処が肝心です。そのためには歯周病のちょっとしたサインを知っておくことが大事です。次のような症状はありませんか?

歯周病セルフチェックポイント
  1. 歯磨き時など、歯茎から出血しやすい
  2. 歯茎が腫れている
  3. 口の中がネバつく
    (冷たいものでしみやすい)
  4. 知覚過敏がある
  5. 以前に比べて歯が長くなった気がする
  6. 歯と歯の間にものが詰まりやすくなってきた
  7. 歯と歯の間の隙間が大きくなってきた
  8. 口臭を指摘される
  9. 歯がぐらつく
  10. 歯茎から膿が出ることがある
  11. 硬いものが噛みにくくなってきた
  12. 糖尿病にかかっている
  13. 骨粗鬆症である

歯周病の原因

歯周病には「直接的な原因」と「間接的な原因」があります。歯周病を改善するためには、この2つの原因をなるべくなくしていくことが大切です。

歯周病を起こす直接の原因

歯周病を引き起こす直接的な原因は歯垢(プラーク)です。歯垢は膨大な量の細菌の集まりで、これらの出す毒素が歯茎に炎症を引き起こします。そのため、まずは歯垢を溜めない、しっかりと取り除くことが大事です。

歯周病を発症・悪化させやすくするもの

歯周病の危険因子には、お口の中のものと生活習慣などによるものがあります。危険因子となるものはたくさんありますが、なるべく減らしていくことが大事です。

お口の中の危険因子

・歯石

歯石が溜まっていると、歯垢が絡みついて取れないため、歯周病リスクが高まります。

・歯並び

歯並びが悪いと、隅々まで磨けないので歯周病にかかりやすくなります。

・悪い噛み合わせ

噛み合わせが悪いと、特定の歯に力がかかりすぎてしまい、歯周病を悪化させます。

・適合の良くない詰め物や被せ物

詰め物や被せ物がぴったり合っていないと、歯垢がたまりやすくなります。

・口呼吸、歯ぎしりなどのクセ

口で呼吸をしていると口内がかわき、唾液がお口の中を洗い流す作用がうまく働かず、歯周病リスクが高くなります。歯ぎしりは歯に過剰な負担をかけるので、歯周病を悪化させやすくします。

など

生活習慣などにおける危険因子

・喫煙

タバコを吸うと歯周病リスクが5倍くらい高まることがわかっています。

・食習慣

糖分の摂取量が多い、間食が多い、など歯垢をためやすい食事はリスクを高めます。

・糖尿病、骨粗鬆症

糖尿病にかかっていると歯周病にかかりやすくなります。また、骨粗鬆症にかかっていると骨が弱くなり、歯の周囲の骨の破壊も進みやすくなります。

・ストレス、睡眠不足

ストレスや睡眠不足により体の抵抗力が落ちると歯周病リスクが高まります。

・遺伝

もともと持った唾液の性質や歯周病菌への耐性などによってもリスクが変わります。

・女性ホルモン

妊娠中など、女性ホルモンが急増する時期には、歯周病リスクが高くなります。

・薬の影響
薬を長期服用していると、口の中が乾き、歯周病にかかりやすくなるほか、高血圧の薬の副作用で歯茎が腫れ上がってしまうことがあります。

歯周病の進行のしかたと症状

歯周病は、歯肉だけの炎症「歯肉炎」と骨が溶け始める「歯周炎」に分けられます。

歯肉炎

歯茎のみの炎症にとどまっている状態です。骨の破壊はまだありません。
<症状>
歯茎が腫れたり、血が出たりします。

歯周炎(軽度)

炎症が奥に進み、歯を支えている骨が破壊され始めている段階です。
<症状>
症状は歯肉炎と似ており、主に歯茎の腫れや出血が見られます。自覚症状がないことも多く見られます。

歯周炎(中度)

歯を支えている骨が3ミリ〜5ミリ破壊されている状態です。
<症状>
歯根が見えてきて冷たい水がしみるようになる、歯がぐらつく、歯茎から膿が出る、口臭が出る、などの症状が起きてきます。

歯周炎(重度)

骨が5ミリ以上破壊されてしまっている状態です。
<症状>
ぐらつきがひどくなり、ものが噛みにくくなってきます。歯と歯の間の隙間が大きくなってきたり、歯茎が膿を持ち、大きく腫れるというようなことが時々起きてきます。

歯周病の治療

ブラッシング指導

歯周病を改善するためには歯磨きを正しく行えることが基本になります。軽い歯周病の場合には、歯磨きを改善するだけで治ることが多いですが、どんなに進行していても、歯磨きを正しく行うことは最重要事項です。進行度に応じて歯ブラシの仕方を丁寧に指導いたします。

スケーリング(・ルートプレーニング)

歯石がついている場合には、歯石取りを行います。歯根にまで歯石がついている場合には、歯根の表面を器具で滑らかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。

歯周外科

歯周病が進行していて、歯石がそのままでは取り除けない場合、治癒の見込みが薄い場合には、患者様の同意を得た上で、歯茎を開いて歯石取りを行う、悪い組織を切り取る、などの歯周外科手術を行うこともあります。(保険適用)

歯周組織再生療法

歯周病で失われた骨などの組織を、エムドゲイン、GTR法、リグロスなどを行い、再生させる治療法です。

歯周内科・レーザー治療

薬で歯周病菌に対処する「歯周内科」や、レーザーを使ったほとんど痛みの出ない治療も行っています。

歯周病 関連メニュー
  1. 歯周病治療
  2. 歯の健康を守る
  3. 歯周病専門医とは
  4. 専門医で受けられる治療

^

新着情報
新着情報
新着情報