電話番号 072-856-2525
ネット予約
診療案内

審美歯科

健康的で自然な美しさを実現する審美歯科

審美歯科

「審美」という言葉を聞くと、美容整形やエステのようなものを想像される方もいらっしゃるかもしれません。
審美歯科は、周囲と調和のとれた美しい口元を実現することを一つの目的としていますが、「ただ美しくする」だけでなく、その美しさをより長く維持させ、そして長く健康的な状態に維持させることも目的としています。
審美歯科を行うことによって、よりご自分の笑顔に自信が持て、よりお口の中が健康的になり、快適になることを実感していただけると思います。
こんな方におすすめ
審美歯科オススメポイント
  1. 周囲と調和のとれた自然な見た目を希望される方
  2. 年数が経っても美しさを維持したい方
  3. 銀歯や詰め物の変色が気になっている方
  4. より体に優しい材料で治療したい方
  5. 歯の健康をより長く維持したい方

当院で行なっている審美歯科

セラミック

セラミックとは陶材のことで、色調や光の透過性が天然歯と類似しているため、天然歯とそっくりな見た目を再現できるのが最大の魅力です。また、傷がつきにくい性質があるので年数が経っても変色しにくいのも大きなメリットです。
また、歯垢を寄せ付けにくいので、歯や歯茎を健康に保ちやすく、材質的にも安定していますので、体にも害がありません。

オールセラミック(詰め物・被せ物)

セラミック

金属を一切使用せず、全てがセラミックで作られている詰め物・被せ物です。最も天然歯に近い見た目を再現できます。
こんな方におすすめ
  1. 最高レベルの審美性を希望される方
  2. 金属を使用しないものをご希望の方
メリット
  • 最も自然で美しい見た目を再現できる
  • 年数が経っても変色、劣化することがない
  • 虫歯や歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎に黒い変色を起こさない
デメリット
  • 費用が高め
  • 噛み合わせが強い場所には適用できないことがある

新しい技術「CAD/CAM」が作る精度の高い修復物
これまで患者様のお口に入る詰め物や被せ物は、すべてを歯科技工士が手作業で作ってきました。でも、最近のオールセラミックでは、表面の色や形の微妙な部分を除いて、機械が作れるようになっています。
まずは、歯科技工士がコンピューター上で修復物の設計をします。そしてそのデータをもとに機械がセラミックを削りだすCAD/CAM技術により歯が作られます。
そのあとの細かい色の調整などは歯科技工士の腕の見せ所です。

修復物の大部分を機械が作り出すことにより、ばらつきのない、より高い精度の修復物を短時間に製作することができます。
オールセラミックはこのように、新しい歯科技術の象徴とも言える存在なのです。

ジルコニアセラミック(詰め物・被せ物)

セラミック

ジルコニアセラミックは、セラミックの一種で人工ダイヤモンドに使用される二酸化ジルコニウムを原材料としており、「白い金属」とも呼ばれているほど、硬くて強度に優れています。

一昔前までは、セラミックの被せ物を作る際、力が強くかかる場所には強度を補うために内部に金属を使用する必要がありました。ですが、ジルコニアセラミックが開発されたことにより、金属と同程度の強度のセラミックを加工できるようになり、セラミックのみで作ることが可能になりました。

こんな方におすすめ
  1. 噛み合わせが強くてセラミックが割れたことのある方
  2. なるべく削る量を少なくしてセラミックを入れたい方
メリット
  • 非常に強度に優れる
  • 強い力がかかる場所でも金属なしで作れる
  • 年数が経っても変色、劣化することがない
  • 虫歯や歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎に黒い変色を起こさない
  • 歯を削る量を最小限にできる
デメリット
  • 費用が高め
  • オールセラミックに比べ、透明感に劣る

メタルボンド(被せ物)

メタルボンド

従来より作られているセラミックの被せ物の一種で、セラミックの強度を補うために、金属の裏打ちをしているものです。
セラミックの審美性と、金属の高い強度を兼ね備えた被せ物であり、前歯ほど審美性を要求されない奥歯に向いています。

金属を使用してはいますが、保険で使用されているものとは違い、貴金属を多く含んだものとなっており、金属アレルギーや歯茎の変色のリスクは低めになります。

こんな方におすすめ
  1. 噛み合わせの力が強い方
  2. 費用を抑えてセラミックを入れたい方
メリット
  • 審美性と強度を兼ね備えている
  • オールセラミックよりも経済的
  • どこの歯科医院でも取り扱っている
デメリット
  • 高い審美性が要求される場所には向かない
  • 金属アレルギーや歯茎の変色のリスクが多少ある

ハイブリッドセラミック(詰め物・被せ物)

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた材料です。硬すぎず、やわらかすぎず、プラスチックよりも美しい見た目を再現できます。

こんな方におすすめ
  1. 極力費用を抑えて審美的な治療を受けたい方
メリット
  • 費用を抑えて審美的に治療できる
デメリット
  • 年数の経過とともに、若干変色する可能性がある
  • セラミックに比べて摩耗しやすい
  • 金属を使用する場合には、金属アレルギーや歯茎の変色のリスクがある

その他の治療

ダイレクトボンディング(ハイブリッド・コンポジットレジン修復)

ダイレクトボンディング

保険で使用する詰め物「コンポジットレジン」よりも、審美性や耐久性に優れている材料です。

こんな方におすすめ
  1. 詰め物の治療をより審美的に、変色しにくいもので行いたい方
  2. 歯を削らずに前歯のすきっ歯の改善をしたい方
メリット
  • 保険のものより審美的に治療ができる
  • 歯を削らずすきっ歯などの悩みも解決できる
デメリット
  • 保険治療より高額
  • 外れてしまうことがある

ゴールド(詰め物・被せ物)

ゴールド

ゴールドは、保険外の金属で、金合金や白金加金で作られます。歯の色と同じではありませんが、保険の銀歯よりもやわらかい上品な色合いで、他にも様々な面でメリットがあります。

こんな方におすすめ
  1. できるだけ長持ちするものをご希望の方
  2. ぴったり適合の良いものをご希望の方
  3. 周囲の歯にも優しいものをご希望の方
メリット
  • 強度に優れるため、歯を削る量が少なく、長持ちする
  • 歯にぴったりと馴染むため、適合が良く、虫歯になりにくい
  • 酸化しにくいので歯や歯茎を変色させない
  • やわらかすぎず、硬すぎないので周囲の歯を傷めない
デメリット
  • 保険がきかないので高価
  • 金属アレルギーのリスクは低いが、全くないわけではない
  • 歯の色とは違う

^

新着情報
新着情報
新着情報